HYDE

HELLO!!版権&オリジナルの小説用のblog ※小説は全てフィクションだから実物とは何も関係なっしんぐ

スポンサーサイト

2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

壁ギワで恋をして 8

2009.07.05 Sunday 23:25
久々の壁恋更新〜!!
やっとこさです;
内容忘れたと思いますが;;


今回は真夜視点でお送りいたします^^





『あ、あの人インキャラだ…』



私の考えるインキャラと、みんなが考えるインキャラがちょっと違うってことに気づいたのはつい最近だ。
価値観の違いもあるだろうから、別にそれをどうこう言うつもりはない。


インキャラって陰キャラ?それとも隠キャラ?


「――あのね、相沢さんって…」


第8話【インキャラ】


「もしかして、あの転校してきた先輩と、カップルだったりするの?」


直感でわかった。
あぁ。あたしはこういう女が苦手だ
ぶりぶりした態度
普段は大人しそうに見えても、素顔がバレバレ

お前みたいに表では取り繕って裏でコソコソしてるようなやつを――

「インキャラって言うのよね、きっと」
「え?」

心に留めておいたつもりが、どうやら口に出てしまったらしい。
真夜は慌てて口を閉じたが、別段動揺も見せずに続けた。

「なんにも。それより、そんなこと訊いてどうするの?」

真夜は櫻田には興味の欠片もなかったのでケータイを開いてメールを確認した。
「どうするって――気になるの」
何が、なんて言わなくてもわかった。
「それはあたしに言うことじゃなくない?」

(あーイライラする)
こんな周りくどい女も大嫌い。
早く夢が帰ってこないかと、心底願った。

「夢ちゃんとはあんまり喋ったことないから、本人には聞き辛くて…」
「そんなことはあたしに関係ない。自分が知りたいなら自分で訊け」

チラリと櫻田の顔を覗いたが、もうなんと表現してよいのやら、
顔面蒼白?
言う言葉が見つからない、みたいな?

(お前のようなインキャラとは関わりたくないんだよ、さっさと消えろ)

そう思う真夜の顔はキラキラするような笑顔だった。

「…わかった、もういいし」

最後、彼女は逆ギレ気味に言葉を吐き捨て、その場を去った。
気分は良くないが、大事な友人のことを売るようなマネをするのは嫌だ。

(あたしってばいつからこんな嫌な性格になったのかしら…)
小さくため息をつく。が、後悔はしていない。
たとえクラス中に自分の悪口を言いふらされようと、所詮それはインキャラにしか出来ない『影のお仕事』であり、あたしはそんなことに負けるような人間になるつもりもない。
あの櫻田という女子に嫌われようが、あたしには何の損害もない。

ほら、さっそくだ。


「なんかさー、真夜ちゃんって性格悪いよねー」


櫻田は自分の取り巻きに話しかけては、卑しい視線をこちらにぶつけてくる。
だがそれも結構。
何故なら彼女の取り巻きによる言動も、あたしの心にはキズ一つ作らない。
多分、この後彼女はあたしの他の友達にもこのことを言いふらすのだろう。
こういうことは、本人の目の前で言えばいいと思う。
あたしはあの陰キャラとは違って、陰でコソコソしたりしない。



席を立ち上がると肩になにかが触れた。

「あ…」
声がしたのでそちらを見てみると、前田さんというクラスでも静かで真面目な子が、少々おびえたような瞳でこちらを見つめていたので、肩が触れたのはきっと接触したからだろうと思った。

「あ、ごめんね。なんか落としたよ。はい」

そう言いつつ彼女がぶつかった際に落としたであろうメガネを拾って手渡した。
おびえたような目をしているのは大人しい性格な故か、ぶつかった相手がこの化粧(これでも薄い方なの!)ギャルだからなのだろうか。

「あっ、ありがとう」

前田さんは拾われたメガネをつけた。
前田さんは放課によく読書をしていて、周りの人から陰で「インキャラ」と言われているが、
あたしはそうは思わない。
陰でコソコソしている櫻田さんの方がよっぽど「陰キャラ」だと思う。

「…前田さんって、メガネとると可愛いじゃん。コンタクトにすればいいのに。もったいない」
そう言うと前田さんは顔を真っ赤にして全面否定した。
その照れた顔も可愛いよ、とそこらにいるチャラついた男よりもかっこよく口説く(?)と、
前田さんは小さい声でまたお礼をし、足早に去っていった。

「さーて、夢探しに職員室まで行こっかな」
そのまま教室を出る間際に櫻田さんの顔が見えたが、
どうもクラスに居づらくなって出て行ったのかと勘違いしたらしく、少し嬉しそうな表情でこちらを見ていた。


嬉しい?
自分の悪口が他人に通用して
でも通用するのはアンタの友達だけよ?

そう思うと口元が緩んだ。

(残念だけど、あたしの友人はそんな悪口言ったって通用しないのよ)

だって、こんなあたしを知っていて、彼女らはあたしの友達でいるのだから。



第8話[インキャラ]
オリジナル | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2016.04.11 Monday 23:25
- | - | - | pookmark |

コメント

こんにちは^^ キャー新作ぅ!
学校の生活のニオイがすごい上手く描写されてますですね!! いやードキドキしちゃいました☆
真夜ちゃんみたいなコ好きですよ〜!!
| おとしん | 2009/07/07 8:40 AM |
学校生活は漫画やペルソナ(笑)で勉強したりしてます^ω^
おとしんさんの小説も学校生活がなかなかリアルですごいです!!
いつも尊敬してます!!

真夜みたいなキャラはもう恋愛モノじゃ王道ですかね?

ヒロイン+めちゃ頭が切れるタイプはよくセットでいるような気がします
私も真夜なかなか気に入ってるんですw

コメントありがとうございました!
| 惇 | 2009/07/07 10:09 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://leno2.jugem.jp/trackback/108

トラックバック